アニメ・コミック

人生のバイブル「いいひと。」(マンガかよ!)

家でごろごろしていたところ、お気に入りのマンガがあったので、久しぶりに見てました。

結構古いので覚えていない人も多いと思いますが、タイトルにもある通り、「いいひと。」です。

作者は高橋しんってひとです。

その後、「最終兵器彼女」とか書いてますが、正直あんまり好きじゃなかった・・・

そういや、これアニメ・映画になってましたねぇ・・・

いやぁ、基本的にラブコメ系は・・・縁遠いもので・・・常に一方通行だし・・・理由はわかってるつもりだけど...

で、この「いいひと。」ドラマでしか知らない人はゼヒマンガを読んでください。

あれは偽者です!作者も「原作者」→「原案者」に変えてもらったくらい、原作ファンには目も当てられないものでした。

しかも責任とって連載やめてます。

ストーリー的には、ゆーじ君って北海道出身の人がスポーツメーカー「ライテックス」(ミズノ?)に新入社員として入社ます。

で、天然のいいひとっぷり(ぼけ?)を発揮しながら、周りの人と困難を乗り越え、関わった人たちが影響を受けて変わっていく、といった感じです。

主人公の信念は、「自分の周りの人が幸せになる」ってことで、実際にそーなっていきます。

ここで大事なのは、「幸せにする」ではなく、「幸せになる」と言うところです。

彼が変えるのではなく、彼がきっかけで周りが変わっていく。

まぁ、こんな人が後輩だったらやりづらいだろうな・・・

個人的に一番好きなストーリーは箱根駅伝編!

作者があの山梨学院で駅伝走ったことがあるだけに、描写は最高っす!

信頼という絆のタスキをつないでゴールを目指す。

ある意味、会社のような組織でも大事なことではないかと思います。

まぁ、今自分がそのタスキを捨てようとしているわけですけどね・・・

いや、それ以前にタスキをもらっていたのか?

まぁ、いろいろ悩んだ時は、これを読んで元気付けられてます。

ちなみに女子大生就職編は、就職活動で苦労した女性には不評でした(姉貴だけど)。

あれは女性だけでなく男性にも当てはまるかと思うんですけどね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)